現在位置: 東京都世田谷区 海老澤畳店Top の中の 畳について の中の 畳の歴史

畳の歴史

日本固有の伝統的な敷物である。
「菅畳八重」「皮畳八重」などの記述がある古事記までさかのぼります。この頃は畳床はなくコモなどの敷物を重ねたものであった。

現在の形に似た構造になったのは平安時代で、貴人の台座にワラの芯を使用したのが進化していった。
板敷きに座具や寝具として置き、使う人の身分により畳の厚さや縁の柄・色が異なりました。

鎌倉から室町時代にかけ書院造りが生まれ、部屋全体に畳を敷き詰める使い方に発展。
足利義政が銀閣寺(慈照寺)に敷き詰めたのが起源とされる。それまでは高貴な身分や客人のもてなし、武士や貴族の象徴に使われていたものが、建物の床材として利用されるようになりました。

桃山時代から江戸時代に掛け、数奇屋造りや茶道が発展・普及し徐々に町人の家にも敷かれるようになりました。
一般庶民が使用できるようになったのは江戸中期以降で畳師・畳屋が活躍するようになりました。

ご注文メニュー

ご予算に合わせてご注文いただけます。お気軽にお問い合わせください。

  • たたみ表替え
  • ふすま貼替え
  • 障子貼替え
  • アミ戸張替え

主な施工例