現在位置: 東京都世田谷区 海老澤畳店Top の中の 畳について の中の 畳のサイズと種類

畳のサイズと種類

畳のサイズ

本間

京間とも呼ぶ。長さ六尺三寸、幅三尺一寸五分基準の畳。
主に関西・近畿・中国・四国・九州で使用。

江戸間

江戸だった頃からの呼び名。関東間・田舎間。五八間ともいわれる長さ五尺八寸、幅二尺九寸基準の畳。主に静岡以北。

団地間

規格外の建物に合わせた小さい畳。特に基準は無いが団地などの部屋の場合、畳は小さくなりやすい。

中京間

長さ六尺一寸、幅三尺基準の畳。三六間。建築材料・建具等の基準に合わせた畳。愛知・岐阜・三重で使用

メートル

その名の通り長さ2メートル、幅1メートルのサイズが基準。

畳の種類

床畳(とこたたみ)

一般的に龍鬢(りゅうびん)表使用 床の間の上に置く紋縁と呼ばれる縁付きのゴザ。

置き畳(おきたたみ)

フローリングの床の上に敷く畳。現在は薄いのが多くなってきている。

柔道畳

講道館用と一般用がある。
綿製の中芯(布状)に樹脂でゴザ表のように型押ししたビニールのような科学表を使用。赤いのもある

高床式ユニット畳

ボックス状の上の部分に畳表を使用してあるもの。

上敷き(うわじき)

ゴザに縁が付いたラグのようなもの。

薄縁(うすべり)

上敷きと同じ意味であるが、一般に1枚ものに使用される。

伝統的畳

厚畳
畳二枚を重ねた厚さのある畳。
二方縁の畳。寺院用(高麗縁)、宮中(絹繧繝)
二畳台(にじょうだい)
畳二枚を重ねた厚さのある畳で紋縁(高麗縁)が四方に付く畳。(寺院用)
八重畳(やえたたみ)
横から見ると八枚重なって見える。厚畳に絹繧繝のゴザ重ねて作る。(宮中)
拝敷(はいじき)
1枚物のゴザに四方(紋縁)を付け、四つの角(四天)に紋べり の島を出した物。(寺院用)

一本縁畳

片側だけに縁を付け、もう片方は縁無しに仕上げた畳。六畳の場合中心の一枚は縁無しとなる。

坊主畳

縁無し畳とも呼ぶ。置き畳にもよく見られる。昔、七島イを使用する場合に この方法が採られた。七島イを使用した場合琉球畳と呼ばれます。
現在縁なし畳を琉球畳と呼ぶ人が多いが様々な種類がある。

カラー畳

ゴザ、い草を染色して色を強制的につけた物。科学表は原材料の樹脂に色を配合してある。普通のい草表も専用の染土で色止めしてある。

円形畳(特殊畳・造形畳)・三角畳・六角畳

特に形は規定はない。畳床がワラの場合厚さ調整が難しかったが、現在はどんな厚さにもなる。形もさまざまに加工可能。雲形畳などもある。

飾り畳

主に見る為、見せる為の装飾性重視の畳。金の水引を畳表に加工した黄金畳や、畳表に刺繍を入れたものもある。

ご注文メニュー

ご予算に合わせてご注文いただけます。お気軽にお問い合わせください。

  • たたみ表替え
  • ふすま貼替え
  • 障子貼替え
  • アミ戸張替え

主な施工例